Mar Kiss

花びらのかたちの「マーキースカット・ダイヤモンド」に誓いの想いをこめたブライダルリング

中世ヨーロッパの伝説に登場する、プロポーズの象徴「ブーケ&ブートニア」。
男性が大切な女性に思いを伝える時、野に咲く花を摘み、捧げたものがブーケ。
そして、女性が想いを受け入れた証として、ブーケの一輪を抜いて男性の胸へ挿したものがブートニア。

今、純粋なふたりの誓いを、ひとひらの花びらのような形のマーキースダイヤに込めて・・・

マーキスダイヤモンドとは

歴史
マーキス(マーキース)とは侯爵という意味を持ちます。18世紀、フランス国王であったルイ15世が優れた知性と美貌を兼ね備えるポンパドゥール夫人を愛し貴族出身ではない彼女のために特別な侯爵の爵位を与え、当時の研磨業者が敬意を示し命名したことが由来と言われている歴史のある由緒あるダイヤモンドカットです。
輝き
シンプルですっきりとした上品な雰囲気で、媚びない輝きを放つクラシックで優美なダイヤモンドです。
ラウンドのダイヤモンドにはない独特な輝きとプロポーズの花びらを表すかたちは、永遠を誓うためのダイヤモンドといっても過言ではないでしょう。
品質
DIYARTHマーキースダイヤモンドは、花嫁の指が美しくみえるよう、かたちの比率にこだわって選ばれた、ブライダルリングのためのマーキースダイヤモンドです。

全てのメインダイヤモンドには鑑定書がつきます。

PAGE TOP