Dictionary

マーキースカットダイヤモンド (Marquise cut)

昔は水雷型と呼ばれた、ボートの形状のようなカット。
また、形状の性質上、水滴や葉、花びら、花弁等のデザインに使用される事もあります。
原石が細長い石の場合に用いられ、これもブリリアントカットの変形版であるファンシーシェイプカットに属します。
このため、58面体の構成となっているものの、輝きが強くなるという理由から、なかにはあえて18面体にカットされることもあります。
マーキースとはフランス語で「侯爵」の称号を意味し、18世紀にルイ15世がポンパドール夫人にマーキースカットダイヤモンドを授けた頃、このカットが流行したことから命名されました。
他のカッティング方法と比較すると、カラット数の割に大きく見せるのも、マーキースカットの特徴です。
このシェイプも縦横の比率で見え方が全く変わりますので、ご自分の感性で選ぶことが大切です。

PAGE TOP