Dictionary

エメラルドカットダイヤモンド (Emerald cut)

エメラルドのカッティング形態としてよく用いられますが、ダイヤモンドでも用いられることがあります。
長方形に型どるのが基本であり、各コーナーを切り取ったシェイプにカッティングされるのも特徴です。
平面が広くカットされるため、キズやインクルージョンが多い結晶のものは、かえって美しさを損なう恐れがあります。
しかし、透明度の高い結晶を用いると、ラウンドブリリアントカットとは異なる、澄んだ美しさに溢れるカットとなります。
平面に対する各四隅のバランスや、カットの正確さも宝石の評価を分けるポイントになります。
凛とした雰囲気は、品格を漂わせます。


PAGE TOP